超音波流量計

20年以上の製造経験

面積速度の動作原理

面積速度の動作原理

DOF6000  principle

DOF6000シリーズ開水路流量計は、連続モードドップラーを使用しています。水の速度を検出するために、超音波信号が水流に送信され、水流に浮遊する粒子から返されたエコー(反射)が受信および分析されて、ドップラーシフト(速度)が抽出されます。送信は継続的で、戻り信号の受信と同時に行われます。

測定サイクル中、Ultraflow QSD 6537は連続信号を放射し、ビームに沿ってどこでもどこでも散乱体から戻る信号を測定します。これらは、適切なサイトでのチャネル流速に関連付けることができる平均速度に解決されます。

機器の受信機は反射信号を検出し、それらの信号はデジタル信号処理技術を使用して分析されます。

水深測定–超音波
深度測定には、Ultraflow QSD 6537は飛行時間(ToF)レンジングを使用します。これには、超音波信号のバーストを水面に上向きに送信し、水面からのエコーが機器によって受信されるまでにかかる時間を測定することが含まれます。距離(水深)は、通過時間と水中の音速(温度と密度で補正)に比例します。
最大超音波深度測定は5mに制限されています。

水深測定–圧力
水に大量の破片や気泡が含まれている場所は、超音波深度測定には適さない場合があります。これらのサイトは、水深を決定するために圧力を使用するのに適しています。

圧力ベースの深さ測定は、機器をフローチャネルの床に配置できない、または水平に取り付けることができない場所にも適用できる場合があります。

Ultraflow QSD 6537には、2バールの絶対圧センサーが取り付けられています。センサーは機器の底面にあり、温度補償されたデジタル圧力検出要素を利用しています。

lanry 6537 sensor function EN

深度圧力センサーが使用されている場合、大気圧の変動により、示された深度でエラーが発生します。これは、測定された深度圧力から大気圧を差し引くことによって修正されます。これを行うには、気圧センサーが必要です。Calculator DOF6000には圧力補正モジュールが組み込まれており、大気圧の変動を自動的に補正して、正確な深度測定を実現します。これにより、Ultraflow QSD 6537は、気圧と水頭の代わりに実際の水深(圧力)を報告できます。

温度
固体温度センサーは、水温を測定するために使用されます。水中の音速とその伝導率は温度の影響を受けます。機器は、測定された温度を使用して、この変動を自動的に補正します。

電気伝導率(EC)
Ultraflow QSD 6537には、水の導電率を測定する機能が備わっています。線形4電極構成を使用して測定を行います。水に小さな電流を流し、この電流によって発生する電圧を測定します。機器はこれらの値を使用して、未補正の未補正の導電率を計算します。


私たちにあなたのメッセージを送ってください: